運動やスポーツなどでの膝の痛み

 膝のけがはスポーツでは非常におおい怪我の一つですが、その種類は非常に多くまた、関節の痛みであるがゆえに、重度のケガになりかねないので気を付ける必要があります。

 膝の曲げ伸ばしの筋肉、膝を包む靭帯、関節や軟骨など、異常をきちんと見分けながら、適切で迅速な治療を行うことのできる治療院での施術をお勧めします。
 もし痛みがある場合は、我慢しての継続は関節や軟骨への負荷を増やすことになるので、早めにご相談ください。

 上郷接骨院では、豊田市南部、岡崎北部、安城北部にお住まいの近隣の方の膝の症状にお悩みの方が、ずっと自身の足で歩き生活できるよう、地域の整形外科との連携でいざというときの症状にも対応できるようにしっかりした施術を行っております。

 痛みは少ないうちに対応した方が早く回復する場合が多いのです。「病院はいやだ」、という方も我慢して悪化してしまう前にご相談ください。

変形性膝関節症

変形性膝関節症は発達途中の肘関節が原因で、引っ張ったり、ひねったりする力で、肘関節がはずれてしまう脱臼の状態になってしまう症状のことです。

子供に多く、肘が抜けたという表現がされ、腕が上がらない、曲げようとすると痛む症状があります。

半月板損傷

肘内症は発達途中の肘関節が原因で、引っ張ったり、ひねったりする力で、肘関節がはずれてしまう脱臼の状態になってしまう症状のことです。

子供に多く、肘が抜けたという表現がされ、腕が上がらない、曲げようとすると痛む症状があります。

オスグットシュター病

肘内症は発達途中の肘関節が原因で、引っ張ったり、ひねったりする力で、肘関節がはずれてしまう脱臼の状態になってしまう症状のことです。

子供に多く、肘が抜けたという表現がされ、腕が上がらない、曲げようとすると痛む症状があります。