長引きやすい肩の痛みに効く治療があります。

肩は腕の重みで常に負担がかかります。動かさないから痛くない、我慢できるからと放置しないでください。
上がらない、回せないという運動障害になってしまう前に、豊田市の上郷接骨院にご相談ください。

長引きやすい肩の痛み、症状は、早めの施術をお勧めします。

当院に来院される方は

スポーツをしていて肩を痛めた

腕が、肩をあげることができない

夜中に痛くなって寝られない

着替える時に痛みが走る

と目に見えて痛みが出ている状態が多いのですが、中には前から痛みがあったという方がいます。
肩の症状は、蓄積して時間をかけ悪化しがちです。痛みを感じたら早めに対応することをお勧めしています。

肩の痛みでよくある原因

肩の症状をわかりやすく簡単に分けると二つ、
骨に異常がある場合肩関節を覆う組織に炎症がある場合があげられます。

肩関節・骨に異常がある場合

急に強く痛み出すことの多い肩関節の石灰化 骨に異常がある場合は、肩関節の一部に石灰化が見られるケースで、思い当たる原因なく突然に、刺すような強い痛みがあります。この石灰の状態においては、関節の周囲の組織にあたることで常に炎症を起こし一向に改善が見られない状態の場合もあるので、レントゲンなどで整形外科にて診てもらった方が状況を適切に判断が可能です。
 当院でも、問診後、症状を確認させていただき、整形外科の診断が必要と判断した場合は、整形外科で診てもらうことをお勧めしています。
 (※かかりつけがない場合は、当院提携の整形外科をお伝えさせていただくこともできます。)
また、石灰化の傾向が見られる場合は、整形外科でも温熱療法等の保存療法となるケースもあります。これらの保存療法の治療の場合は、当院を利用される方も増えております。

肩関節の周囲の組織に異常がある場合

 関節を覆う組織(関節包、腱、靭帯、筋肉)に異常がある場合、強い痛みを伴う突発的な痛みや急性期には、関節包、腱、靭帯、筋肉に炎症を起こしている状態です。
一般的には、肩関節周囲炎という症状名で呼ばれます。

 肩関節周囲炎とひとくくりにされますが、実は肩関節のどこがどのように炎症を起こしているかは、人によって、また原因となった運動によってもさまざまです。
当院では、このような痛みに対して、急性期から回復期まで柔軟性のある健康な体を取り戻すことによって、痛みと違和感を取り除いてゆきます。

※野球肩、テニス肩などスポーツの肩の痛みは別ページにまとめています。

 特に中高年の方に多い、「四十肩、五十肩」と言われる肩の症状も、急性期や痛みがひどい場合は、この肩関節周囲炎が当てはまりますが、実は、痛くなってしまう前に「違和感」や「小さな痛み」を抱えている場合がほとんどです。

 歳をとると、常に腕を支えている肩の関節、腱・靭帯、筋肉に少しづつ疲労がたまり、傷がつき、小さな炎症が起こります。
その原因は、筋力低下、運動不足による筋肉の硬直、柔軟性の低下など様々な要因が重なった結果起こるものですが、弱った組織が限界を超えると強い炎症、痛みとなって現れます。

 肩の痛みは、小さな痛みや違和感がずっと続くのは、普段から傷つき弱った組織が肩が日常の負担に悲鳴を上げている状態ともいえます。

 当院では、治りにくい痛みだからこそ、状態に合わせて手法を変えて施術する必要があると考えています。
痛みが和らいだからといって、マッサージでおしまいとしない。
患者さんの日常の運動、柔軟性を高める動作など、患者さん自身のケアも必要であることもしっかりと伝えさせていただき、おひとりおひとりの痛みを見ながら、治療機器、手技、運動療法などを踏まえてご提案しております。

もし、肩の痛みが引かないという場合は、強く揉んだり、無理に動かすことなく当院にご相談ください。

上郷接骨院の肩の痛みの施術

当院では、患者さんの肩の痛みの原因や症状に合わせて、下記の内容を組み合わせてご提供いたします。
また、当院の考えとして、肩の痛みは、強い痛みが和らいだとしても、鈍い痛み、違和感がなくなるまでには、運動療法、ケアとしばらく時間のかかる部位であると考えております。

強い痛みと運動障害は、早期回復に重点を置くことで、慢性化させない施術を行っております。

痛めた患部の炎症を抑える特殊電気治療機器

 痛みのきつい時期や初期の症状には、炎症を素早く抑えることで、症状を広げることを防ぐ必要があります。
肩関節には、骨・関節包・腱・靭帯、筋肉とどこがどのように傷ついているのかで、痛み方や痛む場所、動作が変わります。

 強い痛みを感じる場合は、これらの組織が炎症を起こしており、体の奥深くにある場合はきちんとそこに届く施術を行う必要があります。
そのために超音波治療機器、立体動体波という治療機器を用いて、患部の炎症を抑え回復を促進させる役割を行います。
これらの特殊電気治療器は、筋肉を電気刺激で動かすものではなくプロスポーツの現場での使用される機器で、当院では応急処置~痛みが残る頑固な症状にも利用しております。

肩関節とその周囲の組織を調整する手技施術

肩の低周波治療 豊田市上郷接骨院 肩関節に痛みがある場合、肩をぐいぐい揉むといったようなマッサージは逆効果になってしまうことが多くお勧めできません。筋肉は強い力には反発して〝固くなろう固くなろう”としてしまいます。柔軟な筋肉が最適な肩関節にとっては固まるほど怪我しやすくなってしまうのです。

 肩関節が痛みがなくスムーズに動くには、骨、だけでなく靭帯、筋肉が柔軟で無理なく支える動かせる必要があります。当院では、手技治療により、関節周りに硬直や引っ掛かりはないか、周辺の筋肉に運動を邪魔するものはないかを確認しながら、組織を緩めて、肩関節の可動域を広げる施術を行います。

血行を促進させ、手技効果を高める低周波治療器

肩の手技治療 豊田市上郷接骨院 痛みや症状を見て、血行の促進や動かすことでの筋肉の緩和が必要と判断した場合は、低周波治療機器による施術を行います。
肩関節は首、背中、腕とつながる筋肉に影響していることが多いため、痛みの患部から少し離れた筋肉を動かすため、比較的痛みがある状態でも改善のために採用する電気治療機器です。
特に背中、肩甲骨にかけての筋肉は普段動かしにくいこともあり、低周波による筋肉の運動による血行促進と緩和は症状の軽減に役立ちます。
 
 また、肩を中心とした広範囲の血流を高めてよりほぐしやすくなるため、手技施術の効果を高める効果も期待できます。

痛みを作らないための運動療法

 肩の異常はなかなかすぐに改善しにくい症状である理由は、肩・背中・首の筋肉は、栄養不足、運動不足で負担が蓄積されやすい部位であり、肩関節を支える組織には、このすべての筋肉が関係しているからです。
 逆に言えば、背中や首の筋肉が柔軟であれば、肩への負担も軽くなり痛みや違和感から解放されるということです。

 当院では、再発防止も兼ね、必要な方へ運動療法を同時に行い予防に努めてもらいます。

豊田市の上郷接骨院では、これらの施術を合わせ様々な肩関節の痛みや症状に対応しております。
肩関節は、骨や、一人一人の症状に沿う施術を心掛けております。

問診時だけでなく、施術中も気になる痛みや肩の症状でお困りであれば、お気軽にお話しください。
上郷接骨院では、豊田上郷、畝部、桝塚、福受、若林、和会、広美といった近隣だけでなく、北野、小針、橋目、岩津といった岡崎北部、浜屋、里町といった安城北部の患者さんにも支持され来院いただいております。