半月板損傷

半月板損傷の症状

膝に無理な力が加わってから、動かすと痛みがある

膝の曲げ伸ばしが痛くてできない

足やひざに強い衝撃が加わって以降、ひざの動き引っかかる。ぎこちない。

膝の痛みやひざに水や血液が溜まっているといわれる

これらの膝関節の痛みや症状や痛みにお悩みの場合は半月板損傷の症状の可能性があります。

 半月板損傷のけがは、悪化すると整形外科などで外科的治療・手術による治療が必要になってしまう悪化すると怖い怪我ですが、痛みや違和感が小さい初期などでは、症状の回復、予防を行うことが可能です。
 

半月板損傷の膝の原因

 半月板損傷は、ひざ関節のクッションの役割を持つ半月板が傷つくことで、ひざとその関節部分に炎症を起こしたり、痛みや曲げ伸ばしできないなどの運動障害を起こします。

 スポーツでも、ひざをねじって力を加えるスポーツ(スキー、陸上、サッカー、バスケットボール、バレーボール、格闘技など)に多く、痛みをかばうことで、腰や足にも負担を掛けて痛みを広げてしまう怪我です。

 また、老化による筋力の低下でも膝の負担が増えることで起こるけがであり、変形性膝関節症などの別のけがに発展してしまう可能性もありますので、症状が軽い、「あれ?おかしいな」という少し調子が悪いという状態でのご相談をお勧めします。

豊田市上郷接骨院での、半月板損傷の症状緩和施術について

痛みが見られる場合の膝の施術

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

ひざの痛みの再発を押さえるための施術

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

もし、豊田、岡崎北部、安城北部で、膝の痛み・半月板損傷の症状・リハビリテーションのことでお悩みでしたら、一度ご相談ください。