股関節の痛みは放っておくと長引いてしまいます。

股関節の痛みは、関節である骨の異常やひざの痛み、腰痛などを招いてしまいます。
痛みを感じたら、我慢をせずに豊田市の上郷接骨院にご相談ください。

股関節の痛みと症状

股関節の痛みは、
体重の増加・久しぶりの運動・立ちっぱなし、歩きっぱなしの旅行など、
ふとした時に「あれ?右側の付け根が痛い?」と感じるケースがあります。

もし、普段、動いていない場合は何ともなくても

立ち仕事で、足の付け根に違和感を感じる

長時間歩くと、股関節に引っかかるような痛みが出る

階段や段差で足を高く上げようとすると痛みがある

体重が増えたせいか、歩くと股関節がつまる

といった痛みや不安をお持ちの方は、悪化してしまう前にご相談ください。

股関節は歩く、立つなど、健康的に動くために重要な器官です。
何もしていないのに、常に痛みがある状態は、かなり症状が進行している状態となります。

一般的には、大きな力が加わるような場合でない限り、急に痛くなることは少なく、股関節を支える筋肉の衰えや靭帯の伸びなどで運動時の負担から痛みを感じるというケースが初期段階で見られます。
痛みが小さな場合、静かにしていると痛みは引くのですが、同じような動きをすると再び痛くなることがほとんどです。

ですが、もし、これらの痛みや違和感を放置してしまうと、軟骨のすり減り、関節の変形を招いてしまうこともあります。
そのため、何度も痛むようでしたら、小さな痛みでも、早めにご相談ください。
初期の股関節、内ももの付け根の痛み、お尻から足の付け根にかけての痛みで、骨に異常がない状態でも、当院では改善施術を受けることができます。

上郷接骨院の股関節の痛みに対する施術

豊田市の上郷接骨院では、股関節の痛みに対して、運動時の違和感や小さな痛みから、きつい痛みの症状緩和、回復、リハビリテーションとなる運動療法まで症状と状態を確認したうえで適切な施術を行っております。
下記、施術内容を患者さんの痛みに合わせてご提案しています。

小さな違和感や痛みから、機能回復まで関節とその周辺を調整する手技施術

股関節の手技施術 股関節は、自由に動く関節だからこそ、支える筋肉もたくさんあります。
お尻の筋肉や太もも、足を支える筋肉、上半身を支える腰の筋肉、靭帯など、痛みが起こる場所によって、筋肉や靭帯にかかる負担や硬直の度合いも変わってきます。

当院では、手技にてこれらの負荷と硬直を減らし、痛みや違和感を取り除くという効果と、筋肉、靭帯などの組織を柔軟にして、股関節の可動域を正常な状態に戻すことで痛みや症状が起きにくい再発防止の効果を狙って、手技施術を行っています。

強い痛みがある場合、超音波治療機器、ハイボルテージなどの特殊電気治療

股関節 特殊電気治療 強い痛みがある場合などは、関節を包む組織に炎症が生じている場合があります。これらの炎症を鎮めたり、鎮痛効果があるものとして、超音波治療機器やハイボルテージなどの特殊な電気治療を用いて関節周辺の痛みを取ることを行います。
また、筋肉に硬直が見られ柔軟性が必要な場合には、超音波治療機器を用いて周囲の血行の促進と回復を促します。

手技効果を高める低周波治療機器

当院では、動かすことで強い痛みがある、患部が触るだけでも痛いという「動かすのが好ましくない症状」以外の場合は、手技効果を高めるためにも、周囲や関係する筋肉を電気で刺激をすることで血行促進と神経の伝達を改善する目的で低周波治療機器を使用しています。関節の痛みは周囲の筋力低下も関係していることが多く、運動機能が低下し、筋肉靭帯に柔軟性が失われていることが多いため、電気信号による運動が症状を緩和させることもあります。
ただし、根本的な解決につなげるには手技施術と合わせ診てゆく必要があると考えています。

痛みのない身体を作る運動療法

股関節の運動療法 股関節の痛みがある状態は、関節や周囲の筋肉や組織が傷ついている状態です。
多くは、支える筋肉靭帯が「伸びる」「こすれる」「腫れる」などで痛みを持ってしまうのですが、この理由の一つに運動不足、筋力低下があげられます。
必要な方には、日常生活でも再び痛めない、日常の負荷に耐えられるだけの健康で柔軟性のある筋力を取り戻すための運動療法もお伝えしています。
この運動療法は、関節の可動範囲を広げ、柔軟で痛みにくい関節を作ります。

当院では、いつまでも自分の足で楽しめるように、小さな違和感、痛みのうちに改善、対応できるように一つ一つキチンとお身体を診させていただいています。
畝部、枡塚、上郷、福寿、広美といった豊田南部、北野、小針、橋目、岩津といった岡崎北部、浜屋、里町といった安城北部で股関節の痛みを感じるようでしたら、我慢して悪化してしまう前に上郷接骨院へご相談ください。