急なぎっくり腰や腰痛も自分の足で立って帰れる腰痛施術

急な腰痛、ぎっくり腰の症状にお困りではありませんか?

持ち上げる時、動き出すとき、急な痛みで立てなくなった

顔を洗うために前かがみになったとたんグキッと動けなくなった

腰の違和感が急に痛みに変わった

横になるのも、起き上がるのもキツイ

足腰に力が入らない

腰痛・ぎっくり腰は、痛めてすぐの適切な施術で改善するスピードが変わります。
痛みが完全にとれるまで2週間以上かかってしまうことが多いですが、初期に、なるべく早く適切な施術を受けることをしていれば、数か月も通わないといけないような痛みになることはありません。
そのため、出来れば近くで通うのに負担にならないところでの治療をおすすめします。

豊田市、岡崎北部、安城北部でお住みの方ならば、初期の適切な腰痛施術に定評のある豊田市の上郷接骨院へご相談ください。

なぜ、豊田市の上郷接骨院のぎっくり腰の施術は、痛めたその日に歩けるまでに改善するのか?

 当院の腰痛・ぎっくり腰の施術は、急な腰の痛みで動けない力が入らず、立ち上がれないような症状でも、その日になんとか一人で日常生活ができるまでに回復させることを目的としています。

とくに急な腰の痛みで、腰が伸ばせない、痛くて起き上がれないという状態から、少しでも早く改善することは、

痛みをかばって、背中、お腹、おしり、脚などの筋肉に痛みを広がらせないこと

腰まわりの筋肉の衰えを招いてしまうこと

を防ぎ、結果、早期の改善につながります。

「安静にする」と「動けない」は一緒ではありません。

 腰痛は、繰り返してしまいやすい症状です。
それだけに、症状に合わせた施術をする必要があり、特に、初期の施術はとても重要と当院では、考えています。

 ぎっくり腰などの急な腰痛は、腰、お腹、背中、おしり、太ももの筋肉のどこかが「伸びる、切れる、腫れる」ことで痛みが起こります。
 腰の筋肉はいくつもの筋肉が支え合っているため、痛めた以外の筋肉にも痙攣(けいれん)や硬直といった負担がかかってしまいます。痛めた直後はそれが特に大きく「力がはいらない、立ち上がれない」といった運動障害となって現れてしまいます。

 強い痛みや痛めた筋肉と周囲の筋肉の痙攣を取り除くことで、自分の力で体を支えることができるようになり、その結果、自分の足で歩けるまでに回復します。
 急性の腰痛で寝込んでしまい腰と腰骨を支える筋肉が衰え、慢性的な腰痛となってしまうことを防ぐためにも、痛めてしまってすぐの施術で、きつい痛みを取り、炎症を抑え、その日のうちに回復を促進させることを第一に考えます。

 もちろん、後日痛めてしまった筋肉とその周辺も合わせて施術することで痛みを取り除き、健康な体へとする施術を行いますが、痛めた直後に適切な施術ができているかどうかでは、回復するスピードはうんと早くなるのです。

 そのため、少しでも早くご相談いただくことをお勧めいたします。

ぎっくり腰、腰痛の施術内容と考え方

  上郷接骨院では、腰を痛めて間もない場合と数日、数週間経ってからの施術は異なる手法を用いております。それは、同じ腰痛といっても、痛めた時期・場所・症状によって、施術する箇所も方法も変わるからです。

当院の腰痛治療の3つのポイント

ポイント1 痛めた直後は骨、筋肉を強引に動かさないで治療する最新のスポーツ医学の常識に沿った治療を行います。

 痛めた直後は安静が基本です。

ぎっくり腰など急に痛くなった場合は、筋肉に炎症、腫れ、硬直の順に変化が起こります。
この時、外から力を加えると炎症と腫れを悪化させますので、出来るだけ動かさずに炎症と腫れを鎮めることで痛みを抑え、回復を早めます。痛めた直後の腰の骨盤矯正、低周波電気で患部の筋肉を動かすことは逆効果となるため、当院では行いません。

ただ、状況に応じて、腰の周辺の筋肉を動かすことはあります。
動けない状態は非常に危険です。筋肉は同じ態勢でいると必ずどこかの筋肉に緊張と硬直が出て、負担になり、慢性化を招く可能性が高くなるからです。

ポイント2 腰以外を正常に保つことで腰を支えるトータル施術。

 ぎっくり腰の場合は、背中やおしり、ふとももにも負担がかかっています。これらは痛めた反動で硬直していることが多く、炎症はしていないため、直後でもマッサージなどの手技施術が可能です。腰の周辺の筋肉を正常に使えるようにすることで、痛めた腰をしっかりと支える天然のコルセットの役割を取り戻します。

痛めた直後でも、腰の周辺の筋肉を動かす施術をすることはあります。
動けない状態は非常に危険です。筋肉は同じ態勢でいると必ずどこかの筋肉に緊張と硬直が出て、負担になり、腰痛の慢性化を招く可能性が高くなるからです。

ポイント3 再発防止まで踏まえた施術+運動療法

 痛みが緩和しだしたころから、運動療法を取り入れて再発防止を踏まえた施術を追加してゆきます。骨盤矯正、筋肉の緩和では筋力が付くことはありません。再び再発しないためにも健康な腰を支える柔軟な筋力をつくることをご提案します。

これらのポイントを踏まえたぎっくり腰の具体的な施術方法を下記からご確認ください。

特殊電気治療機器(痛めた直後の炎症や強い痛みがある場合)

腰痛 特殊電気治療 当院では、治療音波治療機器やハイボルテージ治療機器を使い、より早く強い痛みを緩和し炎症を鎮めることで、早い回復を促します。
 超音波治療器は、痛めた筋肉に負担を掛けずに血行を促進して、細胞単位での回復を早める効果があるため受傷直後の、「痛みがある場所」を周囲の筋肉を動かさずに腫れや炎症を鎮めたい場合に用いる施術です。
 鎮痛効果の高い施術として強い痛み、足やふくらはぎにしびれの症状が出ている場合には、ハイボルテージ治療機器を用いて回復を促すことも行います。
 状態に合わせて、特殊な電気機器を使い分けて施術をいたします。
※カーテンで仕切られた個別スペースでの施術となります。

腰痛の痛みを取り除き、負担のない体に戻す手技施術

腰痛治療 豊田市上郷接骨院 腰の痛みは、「腰だけを治したらそれですべて良し」という施術では腰痛を繰り返してしまいます。
腰を支える多くの筋肉、お尻や背中、太ももの筋肉と密接な関係があります。

 そのため、痛めた腰と負担のかかっている周囲の筋肉を緩めることで、痛みを緩和し、悪化や再発をさせないために手技による調整をメインで行っております。

 患者さんの痛みや症状に合わせて、施術ができるため、けがの直後から回復のサポート、ケアまで、手による施術を中心に行います。痛めて力の入らないようなぎっくり腰でもその日に立って歩けるように機能を取り戻すには、腰+αの箇所の筋力の緊張をなくすことで、痛みが多少あるが動くことができる状態にまで持って行けることが可能です。

 腰の大きな痛みが取れても、腰を支えるお尻や背中、太ももの筋肉に硬直が残っていると、短期間で再び痛めてしまう可能性を高めてしまいます。
再発を繰り返すと椎間板ヘルニアやすべり症などの重度の腰痛を作ってしまう可能性があるので、腰部だけの電気治療などで痛みを抑え込む腰痛施術は当院では行っていません。

低周波治療機器(筋肉の機能回復、手技施術を高める)

 痛めた筋肉、また、その周辺の筋肉を動かし血行の促進や運動機能の維持を目的に、低周波治療機器を用います。

 動かすことによる筋肉の硬直を取り除き血行を促進させる方法ですので、慢性腰痛など頑固な症状の際にも使用します。
 当院では、この低周波治療機器を筋肉や体の改善、手技治療効果を上げる補佐的な役割と痛めた個所を含めた腰を支える筋肉のケアのために行う施術です。

再発を起こさせないための運動指導

腰痛の運動指導 当院が目指すのは、痛みを作らない身体づくりです。

 特に、腰痛は、繰り返してしまい持病になりやすいです。
 もう、二度と同じ痛みをしてほしくないとの思いで、再発防止のためのケアにも力を入れています。

 きちんとケアをすることで痛みを完全に取り除き、再発防止のための運動やストレッチなども、その人の体の状態に合わせて行うことでしっかりと腰痛が再発しない体を作ることまでを当院の腰痛の施術の考え方です。

もし、あなたが、急な痛みで立ち上がれないような状態になってしまったら、
もし、持病の腰痛が悪化してしてしまったら、

「どこに行っても同じ」とあきらめてしまう前に、是非当院にご相談ください。治りたいと願うなら、きっと当院のぎっくり腰、腰痛施術がお役立ていただけます。

豊田市南部、岡崎市北部、安城市北部の周辺にお住みの方の腰痛の痛みの回復に定評をいただいています。

当院は予約優先制ですが、ぎっくり腰など急な痛みの場合は、ご連絡いただければその日の施術も可能です。
なるべく早い施術は回復も早めますので、我慢なさらずご相談ください。